産経ニュース

【ロヒンギャ問題】ミャンマー政府が帰還ロヒンギャ難民の受け入れ施設を公開 取材はミャンマー人記者らに制限

ニュース 国際

記事詳細

更新

【ロヒンギャ問題】
ミャンマー政府が帰還ロヒンギャ難民の受け入れ施設を公開 取材はミャンマー人記者らに制限

7日、ラカイン州北部の国境近くに建設中の帰還ロヒンギャ難民収容施設の一部(ゾウ・タン撮影) 7日、ラカイン州北部の国境近くに建設中の帰還ロヒンギャ難民収容施設の一部(ゾウ・タン撮影)

 【シンガポール=吉村英輝】ミャンマー西部ラカイン州の当局はこのほど、隣国バングラデシュに逃れたイスラム教徒少数民族ロヒンギャの帰還受け入れ施設を一部メディアに公開した。多くの難民を出した同州北部の国境近くの施設のほとんどがまだ建設中か未着工だが、同州幹部は「今月23日を予定する帰還開始までに一定の準備を間に合わせる」としている。

 取材はミャンマー人記者らに制限され、産経新聞の通信員を含む約30人が、7~8日に現地入りした。

 帰還者を一時収容するキャンプは、同州北部の中心都市マウンドー郊外の国境近くの2カ所に建設中。取材が許可された規模の小さいキャンプでは、身元確認などのため1~2週間宿泊できる住居が十数棟完成していたが、大型施設などはまだ骨組みだけだった。

 キャンプ近くには焼失したロヒンギャの村が点在し、帰還者用住居の建設予定地は整地も始まっていない。

このニュースの写真

  • ミャンマー政府が帰還ロヒンギャ難民の受け入れ施設を公開 取材はミャンマー人記者らに制限
  • ミャンマー政府が帰還ロヒンギャ難民の受け入れ施設を公開 取材はミャンマー人記者らに制限

「ニュース」のランキング