産経ニュース

2年後のトランプ氏のライバル? 米人気司会者のオプラ・ウィンフリー氏に大統領選出馬を求める声広がる

ニュース 国際

記事詳細

更新


2年後のトランプ氏のライバル? 米人気司会者のオプラ・ウィンフリー氏に大統領選出馬を求める声広がる

米ゴールデン・グローブ賞の授賞式であいさつするオプラ・ウィンフリーさん=7日、ビバリーヒルズ((c)HFPA) 米ゴールデン・グローブ賞の授賞式であいさつするオプラ・ウィンフリーさん=7日、ビバリーヒルズ((c)HFPA)

 【ニューヨーク=上塚真由】米アカデミー賞の前哨戦といわれる「ゴールデングローブ賞」の授賞式で熱のこもった演説を行った米人気司会者で実業家のオプラ・ウィンフリーさん(63)に対し、トランプ米大統領の対抗馬として2020年の大統領選への出馬を求める声がリベラル派を中心に急速に広まっている。

 ウィンフリーさんは7日の授賞式で、黒人女性として初めて生涯功労賞に当たるセシル・B・デミル賞を受賞。受賞の演説でセクハラ問題で立ち上がった女性らをたたえて、「新しい日は、すぐそこまできている」と呼びかけると、会場は拍手喝采に。直後からソーシャルメディアを中心に、大統領選への出馬を求める声が次々と上がった。

 民主党支持者のウィンフリーさんは、幼少期の貧困や性的虐待の経験を乗り越えて大成功を収め、国民的な人気を誇る。

 本人は出馬の意思を明言していないが、米CNNテレビは2人の知人の情報として「出馬に前向き」と報道。また、長年のパートナーであるステッドマン・グラハムさんは米紙ロサンゼルス・タイムズに、出馬の可能性について「国民次第だ。彼女はきっとやるだろう」と指摘した。

「ニュース」のランキング