産経ニュース

【南北会談】韓国、北朝鮮が2年ぶりに板門店で会談 閣僚級、北の五輪参加問題を協議

ニュース 国際

記事詳細

更新

【南北会談】
韓国、北朝鮮が2年ぶりに板門店で会談 閣僚級、北の五輪参加問題を協議

板門店で南北軍事境界線を挟みにらみ合う北朝鮮の朝鮮人民軍将校(奥)と韓国軍兵士=2017年7月(共同) 板門店で南北軍事境界線を挟みにらみ合う北朝鮮の朝鮮人民軍将校(奥)と韓国軍兵士=2017年7月(共同)

 【ソウル=桜井紀雄】閣僚級を首席代表とする韓国と北朝鮮の代表団は9日、南北軍事境界線がある板門店(パンムンジョム)の韓国側施設「平和の家」で会談した。南北会談は2年1カ月ぶりで、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権発足後、初めて。2月9日に開幕する平昌五輪への北朝鮮の参加問題を主題に協議に入った。

 北朝鮮側首席を務める対韓窓口機関、祖国平和統一委員会の李善権(リ・ソングォン)委員長は会談冒頭、「北南当局が誠実な姿勢で会談し、全同胞に新年の贈り物として価値ある結果を届けられればと思う」と述べた。

 韓国側首席の趙明均(チョ・ミョンギュン)統一相は「急がず根気よく一つ一つ解いていきたい」と応じた。李氏は会談の公開を提案したが、韓国側が応じず、冒頭を除いて非公開となった。

 北朝鮮側代表団は午前9時半ごろ、歩いて境界線を越え、平和の家に入った。李氏は、韓国側記者団に会談について「うまくいくだろう」と語った。

 代表団は南北双方5人ずつで、五輪担当部署の次官や幹部を配置。北朝鮮の五輪参加問題を優先議題とする態勢で臨んだ。五輪での北朝鮮側の移動方法や滞在費用の負担問題が話し合われる見通しだが、韓国側の費用負担は、国連や韓国独自の制裁に抵触するとの指摘もあり、韓国側の対応が注目される。

続きを読む

このニュースの写真

  • 韓国、北朝鮮が2年ぶりに板門店で会談 閣僚級、北の五輪参加問題を協議
  • 韓国、北朝鮮が2年ぶりに板門店で会談 閣僚級、北の五輪参加問題を協議
  • 韓国、北朝鮮が2年ぶりに板門店で会談 閣僚級、北の五輪参加問題を協議

「ニュース」のランキング