産経ニュース

「冷戦以来、活動は最高水準」 ロシアの潜水艦増強をNATOが警戒

ニュース 国際

記事詳細

更新


「冷戦以来、活動は最高水準」 ロシアの潜水艦増強をNATOが警戒

 【ベルリン=宮下日出男】北大西洋条約機構(NATO)がロシアの潜水艦増強に対する警戒を強めている。大西洋や地中海への進出も活発化させ、その活動は冷戦終結後で「最高レベル」。シーレーン(海上交通路)確保や海底インフラの保護も課題として浮上しており、NATOは海洋防衛の強化に乗り出す構えだ。

 「ロシアは海軍力、特に潜水艦に大きな投資をしている」。NATOのストルテンベルグ事務総長は昨年末、独紙フランクフルター・アルゲマイネに対してこう語り、2014年以降、13隻が追加配備されたと指摘。「潜水艦の活動は冷戦以来、最高水準にある」とも述べた。

 同紙によると、露潜水艦への警戒は、昨年5月に地中海から行ったイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)への攻撃の際に特に高まった。潜水艦は北海や大西洋を経て地中海に入り、リビア沖でシリアのIS拠点へ巡航ミサイルを発射後、黒海に移った。

 潜水艦は米英スペインなどの艦艇や航空機に追跡されたが、一段と探知されにくいように性能を向上させるなど、旧式艦を近代化させていたとされる。米メディアは昨年11、12月にそれぞれ10回以上、米軍機が潜水艦の探知のために出撃した可能性があるとも報じた。

続きを読む

「ニュース」のランキング