産経ニュース

自民・二階俊博幹事長が中国の拘束邦人釈放を要求、楊国務委員との会談で 「日本政府もしっかりしなきゃダメ」と注文も

ニュース 国際

記事詳細

更新


自民・二階俊博幹事長が中国の拘束邦人釈放を要求、楊国務委員との会談で 「日本政府もしっかりしなきゃダメ」と注文も

会談前、握手する楊国務委員(右)と自民党の二階幹事長=28日、北京の人民大会堂(代表撮影・共同) 会談前、握手する楊国務委員(右)と自民党の二階幹事長=28日、北京の人民大会堂(代表撮影・共同)

 【北京=長嶋雅子】自民党の二階俊博幹事長は28日、北京の人民大会堂で中国外交担当トップの楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)国務委員と会談し、中国当局が情報公開がないまま拘束している地質調査会社の社員ら邦人8人の釈放を求めた。楊氏は「国内法に基づき対処する。日中領事協定に基づき意思疎通を図っている」と答えた。二階氏は「将来にそれなりの答えが出てくるだろうと思う」と記者団に述べた。

 中国で拘束されている邦人8人をめぐり、日本政府は11月にベトナムで行われた安倍晋三首相と習氏の会談などで釈放を繰り返し求めている。だが、7月に4人が釈放されて以降は新たな動きはなく、日中領事当局間協議も7月以降は途絶えている。

 二階、楊両氏の会談には公明党の井上義久幹事長も同席。二階氏は核・ミサイル開発を進める北朝鮮について「核を諦めるよう協力してほしい」と要請した。日本の特別天然記念物トキの新たな寄贈を中国に求めたほか、2025年の国際博覧会(万博)大阪誘致に協力を求めた。

 これに対し、楊氏は北朝鮮問題について「バランスよく解決していくことが根本解決につながる」と応じた。また、中国の現代版シルクロード経済兼構想「一帯一路」に関し「協力を進めていきたい」と述べた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 自民・二階俊博幹事長が中国の拘束邦人釈放を要求、楊国務委員との会談で 「日本政府もしっかりしなきゃダメ」と注文も

「ニュース」のランキング