産経ニュース

『独島エビ』に富山県関係者が怒り「間違いなくトヤマエビだ」 韓国近海では獲れず非正規ルートで漁獲か

ニュース 国際

記事詳細

更新


『独島エビ』に富山県関係者が怒り「間違いなくトヤマエビだ」 韓国近海では獲れず非正規ルートで漁獲か

山岡鉄秀氏 山岡鉄秀氏

 11月にトランプ米大統領が訪韓した際の晩餐(ばんさん)会で、日本領の竹島(島根県隠岐の島町)の韓国名にちなんで名付けられた「独島(ドクト)エビ」がふるまわれた。日本の専門家は「あれは間違いなくトヤマエビだ」と断言。名前の由来となった富山県の関係者も怒りをあらわにする。(夕刊フジ)

 東京都内で17日に開かれた「富山の幸を楽しむ会」では、刺し身、蒸し、茹でなど多彩に調理された「トヤマエビ」をはじめとした海の幸や地酒に約20人の参加者が舌鼓を打った。

 会合では「“独島エビ”は本来トヤマエビです」と地元出身の主催者の女性が語気を強めると、会場は拍手で沸いた。

 トヤマエビは日本海全域からベーリング海にかけて水深100から200メートル程度に生息しており、富山湾で最初に漁獲されたことから名付けられた。「ボタンエビ」として流通することもあるという。

 一方、米韓首脳会談の晩餐会で出されたのが「独島エビ」だ。その写真はメディアでも報じられたが、会合で講師として登壇した、料理研究家で水産庁任命「お魚かたりべ」の宮内祥子氏は、「トヤマエビを見分けるには形や斑紋などに特徴があり、写真で見比べても独島エビはトヤマエビと酷似している」と話す。

続きを読む

このニュースの写真

  • 『独島エビ』に富山県関係者が怒り「間違いなくトヤマエビだ」 韓国近海では獲れず非正規ルートで漁獲か
  • 『独島エビ』に富山県関係者が怒り「間違いなくトヤマエビだ」 韓国近海では獲れず非正規ルートで漁獲か

「ニュース」のランキング