産経ニュース

【「慰安婦」謝罪碑書き換え】検察、懲役1年を求刑「問題歪曲しようとした」 奥茂治被告の初公判

ニュース 国際

記事詳細

更新

【「慰安婦」謝罪碑書き換え】
検察、懲役1年を求刑「問題歪曲しようとした」 奥茂治被告の初公判

奥茂治氏=6月16日、東京・大手町の産経新聞東京本社(飯田英男撮影) 奥茂治氏=6月16日、東京・大手町の産経新聞東京本社(飯田英男撮影)

 【天安(韓国)=桜井紀雄】朝鮮半島で女性を強制連行したと偽証した故吉田清治氏が韓国に建てた謝罪碑を無断で書き換えたとして、公用物損傷罪などで在宅起訴された元自衛官、奥茂治被告(69)の初公判が21日、大田(テジョン)地裁天安(チョナン)支部で開かれた。奥被告側は犯意を否認。検察が懲役1年を求刑し、即日結審した。判決は来年1月11日に言い渡される。

 奥被告側は、謝罪碑の所有権は撤去を依頼した吉田氏の長男にあり、公用物を損傷したとの認識はないと主張。検察側は、求刑理由について「国際的に認定された慰安婦問題を歪曲しようとし、韓日外交に新たな摩擦を生じさせる可能性がある」と指摘した。

 吉田氏の長男も取り調べを受けないまま、教唆罪で在宅起訴されたが、日本にとどまっており、出廷しなかった。奥被告は今年6月、韓国警察の出頭要請に応じて訪韓し、一時拘束されて以降、出国禁止措置が約半年に及んでいる。

 起訴状などによると、奥被告は「父の嘘の謝罪碑を放置すれば、日韓友好を妨げ、負の遺産になる」という吉田氏の長男の依頼を受け、3月に中部、天安市の国立墓地に建つ碑の上に別の石板を貼り付け、「強制連行」の謝罪文を「慰霊碑」という簡潔な文言に書き換えた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 検察、懲役1年を求刑「問題歪曲しようとした」 奥茂治被告の初公判
  • 検察、懲役1年を求刑「問題歪曲しようとした」 奥茂治被告の初公判

関連ニュース

「ニュース」のランキング