産経ニュース

外相会談で見えた日韓の温度差 北、慰安婦、徴用工…「韓国が雰囲気づくりを」

ニュース 国際

記事詳細

更新


外相会談で見えた日韓の温度差 北、慰安婦、徴用工…「韓国が雰囲気づくりを」

会談を前に握手する河野太郎外相(右)と韓国の康京和外相=19日午前、東京都港区の飯倉公館(代表撮影) 会談を前に握手する河野太郎外相(右)と韓国の康京和外相=19日午前、東京都港区の飯倉公館(代表撮影)

 だが、安倍首相の訪韓に関しては冷淡な姿勢を保っている。政府高官は「そんなことを言うなら、まず雰囲気をつくれと思う」と語る。19日の外相会談でも河野氏は「国会日程など諸事情を踏まえて検討する」と慎重に回答した。

 日本側が韓国政府に「雰囲気づくり」を求めるのは、慰安婦と北朝鮮をめぐる対応だ。

 一昨年の慰安婦に関する日韓合意について、文政権は「国民感情から合意は受け入れられない」との立場を崩していない。康氏直属の作業部会が合意成立の経緯について検証作業を進めている。

 日本政府内には「国内で検証するのは勝手だが合意はチャラにできない」(外務省幹部)と突き放す。河野氏が19日の会談で「解決済み」とする徴用工の問題をわざわざ取り上げたのも、歴史問題を蒸し返す文政権の姿勢を牽(けん)制(せい)する意図があったとみられる。

 韓国の対北朝鮮政策も日本にとっては頭痛の種だ。文政権は北朝鮮との対話を重視し、人道支援にも意欲を示しているからだ。河野氏は康氏に、対北圧力を「最大限にまで高める」よう求めたが、2人が一致できたのは日韓、日米韓の連携と、中国に「一層の役割」を果たすよう求めることだけだった。

 康氏は20日朝に羽田空港を出発する。19日夜は都内のホテルに泊まったが、河野氏主催の夕食会は開かれなかった。

関連ニュース

「ニュース」のランキング