産経ニュース

【ロシアゲート疑惑】モラー特別検察官がトランプ大統領の弁護士と面会へ トランプ氏は無実証明を楽観視か

ニュース 国際

記事詳細

更新

【ロシアゲート疑惑】
モラー特別検察官がトランプ大統領の弁護士と面会へ トランプ氏は無実証明を楽観視か

モラー特別検察官(AP) モラー特別検察官(AP)

 【ワシントン=加納宏幸】ロシアの米大統領選干渉疑惑を捜査するモラー特別検察官が今週、トランプ大統領の弁護士と面会する見通しとなり、米CNNテレビは18日、トランプ氏が周辺に、モラー氏側から文書で無実を証明されるなどと楽観的な見方を示していると伝えた。疑惑は政権運営に影を落としており、トランプ氏側は捜査の終結を期待している。

 ロシア疑惑ではフリン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)ら4人が起訴され、政権移行期の駐米ロシア大使との接触に関して連邦捜査局(FBI)に虚偽の供述をしたことで有罪を認めたフリン氏ら2人が捜査に協力している。

 だが、トランプ氏が大統領選の陣営幹部らにロシア側と接触を図るように直接指示した事実は明らかになっておらず、モラー氏はコミー前FBI長官を解任したことなどが「司法妨害」に当たるかを中心に調べているもようだ。

 CNNによると、トランプ氏は周辺に「ロシアに関する全ての事柄はすぐに終結する」と語り、自らに関する捜査の終結に自信を示した。トランプ氏は、モラー氏から自らの無実を伝える書簡を受け取ることを確信していると周辺に伝えているという。トランプ氏は長官在任中のコミー氏や米情報機関にも無実の確認を求めた経緯がある。

 トランプ氏は17日、記者団に対し、モラー氏の解任を否定し、「(ロシアとの)共謀は存在しない」と重ねて主張した。

「ニュース」のランキング