産経ニュース

オーストリア極右・自由党が政権入りへ 中道右派・国民党と連立合意

ニュース 国際

記事詳細

更新


オーストリア極右・自由党が政権入りへ 中道右派・国民党と連立合意

15日、ウィーンで記者会見する自由党のシュトラッヘ党首(左)と国民党のクルツ党首(AP) 15日、ウィーンで記者会見する自由党のシュトラッヘ党首(左)と国民党のクルツ党首(AP)

 【ベルリン=宮下日出男】10月のオーストリア国民議会(下院)選で第1党となった中道右派の国民党と第3党の極右、自由党は15日、連立政権の樹立で合意した。両党党首が発表した。両党の政権樹立で難民・移民政策などを中心に欧州連合(EU)内の軋轢が増す可能性がある。

 両党はEUの難民受け入れ分担制への反対など厳しい難民・移民政策で共通する。首相に就く国民党のクルツ党首は「親EU」路線の堅持を表明する一方、ユーロ圏統合深化などEUの権限強化には批判的だ。

 クルツ氏は15日、「不法移民と戦い、国内の安全を確保する」と強調。自由党のシュトラッヘ党首は「美しい祖国への責任を引き受ける」と述べた。現地メディアによると、自由党は内相と外相、国防相の重要ポストを占める一方、EU政策の所管の一部を外務省から首相官邸に移す方向だ。

「ニュース」のランキング