産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


EU離脱、最終合意前に英議会の承認必要 メイ政権に打撃

英国のメイ首相 英国のメイ首相

 【ロンドン=岡部伸】英下院は13日、英国が19年3月に予定している欧州連合(EU)からの離脱条件の最終決定について、締結前に上下両院の承認を得ることを英政府に義務づける法案を賛成多数で可決した。

 離脱の手続きについて議会権限を強める修正案で、離脱後の穏健なEUとの関係を求める議員らが支持。賛成309、反対305で可決した。与党保守党からも造反者が出た。交渉の裁量を制限されるためメイ首相には打撃となり、政府は「失望した」とするコメントを出した。

 英政府は、EU側と基本合意に至った拠出費や在英EU市民と在EU英市民の権利などを含む問題について、離脱日まで交渉する。

 政府は合意内容を議会に諮るとしていたが、メイ氏は採決に先立ち、修正案を可決すれば手続きに時間がかかり、秩序ある円滑な離脱は不可能となる恐れがあると訴えていた。野党などは「意味ある投票が不可欠だ」と反発していた。

「ニュース」のランキング