産経ニュース

【ノーベル賞】核廃絶ICANに平和賞授与 広島で被爆のサーローさん「核兵器の終わりの始まりに」と演説

ニュース 国際

記事詳細

更新

【ノーベル賞】
核廃絶ICANに平和賞授与 広島で被爆のサーローさん「核兵器の終わりの始まりに」と演説

ノーベル平和賞の授賞式で演説するサーロー節子さん=10日、オスロ(共同) ノーベル平和賞の授賞式で演説するサーロー節子さん=10日、オスロ(共同)

 【ストックホルム=岡部伸】ノーベル財団によると、今年のノーベル平和賞の授賞式が10日、ノルウェーの首都オスロ市庁舎で行われ、国連での核兵器禁止条約採択で尽力した国際的なNGOの連合体「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」が受賞した。ICANのベアトリス・フィン事務局長と、カナダ在住の被爆者のサーロー節子さん(85)にメダルと賞状が贈られた。

 サーローさんは記念講演で13歳の時に広島で被爆した体験を振り返り、「世界すべての国の大統領、首相に対し、条約に参加し、核による絶滅の脅威を永遠に除去するよう懇願する」と呼び掛けた。

 核保有国による核軍縮が停滞する一方、北朝鮮が核・ミサイル開発を加速させている。ノーベル賞委員会は、ICANの、核兵器使用による非人道的な結末に注目を集める活動や、条約に基づく核兵器禁止の取り組みを評価。平和賞授与により、核廃絶に向けたさらなる努力を促した。

 フィン事務局長は講演で、核保有国が増え、核がテロリストに渡る恐れを示唆。その上で「偽りの(核の)傘の下で暮らしている。核兵器が使われる危険性は冷戦が終わったときよりも大きい」と警告した。核抑止力に頼る安保政策を批判し、核保有国や事実上の保有国イスラエル、北朝鮮のほか、日本など「核の傘」に入る国々にも核禁止条約加盟を求めた。

 カナダ人と結婚し、同国に移住したサーローさんは英語での被爆証言を続け、核兵器被害の悲惨さを世界に訴えてきた。講演では「私が愛した街は1発の爆弾で完全に破壊された。住民のほとんどは一般市民で、焼かれて灰と化し、蒸発し、黒焦げの炭になった」と証言。核禁止条約の制定を「核兵器の終わりの始まりにしよう」と呼び掛けた。

 核保有国は「安全保障環境の現実を無視している」などとして同条約を批判。

核保有五大国の大使は授賞式の事実上のボイコットを表明した。

 授賞式にはICAN国際運営委員の川崎哲さんも出席。日本原水爆被害者団体協議会(被団協)の田中煕巳代表委員(85)、藤森俊希事務局次長(73)に加え、松井一実・広島市長と田上富久・長崎市長も招待された。

 賞金は900万スウェーデンクローナ(約1億2千万円)。核禁止条約の早期発効を目指す活動に充てるという。

「ニュース」のランキング