産経ニュース

【米エルサレム首都認定】中東やアジアでトランプ政権への抗議続く 米大使館近くで衝突も

ニュース 国際

記事詳細

更新

【米エルサレム首都認定】
中東やアジアでトランプ政権への抗議続く 米大使館近くで衝突も

 エルサレムでトランプ米大統領の写真などを掲げて抗議するパレスチナ人=9日(ロイター=共同)  エルサレムでトランプ米大統領の写真などを掲げて抗議するパレスチナ人=9日(ロイター=共同)

 トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と正式認定したことに抗議するデモは10日もパレスチナ自治区や、中東、アジアなどイスラム教徒の間で続いた。レバノンやインドネシアでは米大使館周辺でデモが行われ、一部の参加者が治安当局と衝突した。

 約45万人のパレスチナ難民が暮らすレバノンでは、首都ベイルートでデモ隊がトランプ氏の人形を燃やし投石し、治安部隊が催涙弾や放水で応戦した。

 AP通信によると、世界最大のイスラム教徒人口を抱えるインドネシアの首都ジャカルタのデモには約1万人が集結し「われわれはパレスチナ人とともにある」と訴えた。

 一方、イスラエルのネタニヤフ首相は9日夜、首都認定への非難はあるがパレスチナ自治区ガザからイスラエルに向けて発射されたロケット弾への批判はないと指摘した。(共同)

「ニュース」のランキング