産経ニュース

【米エルサレム首都認定】パレスチナ問題Q&A 最大の対立点がエルサレムの扱い

ニュース 国際

記事詳細

更新

【米エルサレム首都認定】
パレスチナ問題Q&A 最大の対立点がエルサレムの扱い

エルサレムをイスラエルの首都と認定するトランプ米大統領の決定に対し6日、ガザ地区で抗議するパレスチナ人(AP) エルサレムをイスラエルの首都と認定するトランプ米大統領の決定に対し6日、ガザ地区で抗議するパレスチナ人(AP)

 トランプ米政権がエルサレムをイスラエルの首都に認定する見通しとなった。問題の根本であるパレスチナ問題についてまとめた。

Q 問題の発端は?

A アラブ人らが住んでいたパレスチナには20世紀初頭以降、欧州などからのユダヤ人移住が本格化した。そんな中で第一次世界大戦(1914~18年)が勃発。英国は、アラブ人の協力を得るためにアラブの独立支持を約束する一方、戦費調達のためにユダヤ人の「民族的故郷」建設への支持も表明した。ユダヤ人は48年、イスラエルを建国。アラブ諸国とはこれまで4度の戦争をしている。

Q 和平は可能?

A パレスチナ解放機構(PLO)とイスラエルが93年に暫定自治宣言(オスロ合意)にこぎ着け、その後、ヨルダン川西岸とガザにパレスチナ自治区ができた。だが、2007年にはイスラム原理主義組織ハマスがガザを武力制圧し、自治政府が統治する西岸と分裂。自治政府とイスラエルの和平協議も結実せず14年に中断したままだ。

Q 解決の障害は?

続きを読む

「ニュース」のランキング