産経ニュース

ノーベル文学賞の選考関係者にセクハラ疑惑 受賞者名漏洩の疑いも

ニュース 国際

記事詳細

更新


ノーベル文学賞の選考関係者にセクハラ疑惑 受賞者名漏洩の疑いも

 【ストックホルム=岡部伸】ノーベル文学賞を選考するスウェーデン・アカデミーに近い文化界の有力者の男性にセクハラ疑惑が浮上している。被害を訴えた女性の証言から男性が文学賞の発表前に受賞者を漏らしていた疑いも表面化。秘密厳守の選考情報が漏洩していればノーベル賞の権威が失墜するため、10日の授賞式を前にアカデミーは苦慮している。

 男性はストックホルムにある文化施設の館長。過去にノーベル文学賞受賞者らが参加する読書会や講演会を開催し、スウェーデン文化界に有力人脈を持つ。

 地元紙は、1996年から今年にかけて男性に暴行などを受けたと主張する18人の女性の訴えを報道。男性は疑惑を否定している。

 また、被害女性の一人は、2014年の文学賞発表前に男性から仏作家パトリック・モディアノ氏が受賞すると聞かされ、実際に同氏が受賞したという。

 疑惑発覚を受け、アカデミーは男性との関係を絶つと公表。ダニウス事務局長は「非常にわいせつな行為だ」との見解を示し、男性の施設に対する資金拠出を停止すると表明し、10日の授賞式後の晩餐会に出席させないことも決めた。

「ニュース」のランキング