産経ニュース

トランプ氏、米大使館エルサレム移転の意向 パレスチナ側に説明 

ニュース 国際

記事詳細

更新


トランプ氏、米大使館エルサレム移転の意向 パレスチナ側に説明 

トランプ米大統領(AP) トランプ米大統領(AP)

 【カイロ=佐藤貴生、パリ=三井美奈】トランプ米大統領は5日、パレスチナ自治政府のアッバス議長と電話で会談し、米大使館をテルアビブからエルサレムに移したいとの意向について説明した。アッバス氏は「危険な結果」を招くと警告したもようだ。

 一方、トルコのエルドアン大統領は同日、米国がエルサレムをイスラエルの首都と認定することはイスラム教徒にとって「レッドライン(超えてはならない一線)」だとし、認定すればイスラエルと断交する可能性を示唆した。

 また、サウジアラビアの外務省当局者も、「米国政府はマイナスの意味を考慮すべきだ」と自制を求めた。

 ロイター通信は5日、欧州連合(EU)のモゲリーニ外交安全保障上級代表が、イスラエルとパレスチナの「2国家共存」の実現を妨げる、あらゆる行動を避けるべきだと述べたと報じた。

 マクロン仏大統領は4日、トランプ氏と電話会談し、エルサレムの地位は「イスラエル、パレスチナ間の和平交渉で解決すべき問題」だと発言。両首脳はこの問題で再度、話し合うことで合意した。

「ニュース」のランキング