産経ニュース

【北朝鮮情勢】アーリントン墓地で「孤高の祈り」ささげたマティス長官の胸中 きたるべき日に向け決意新たに?

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北朝鮮情勢】
アーリントン墓地で「孤高の祈り」ささげたマティス長官の胸中 きたるべき日に向け決意新たに?

マティス氏(ロイター) マティス氏(ロイター)

 軍事ジャーナリストの井上和彦氏は「北朝鮮の暴走は、米国も看過できない段階まで来ている。年内にも米国が北朝鮮を攻撃する事態は、あり得ないことではない。軍人にとって、上官や同僚が眠るアーリントン墓地は、神聖で特別な場所だ。マティス氏は、きたるべき日に向け、現在の情勢を報告し、覚悟や決意を新たにしたのではないか」と語っている。

「ニュース」のランキング