産経ニュース

日本主導の核廃絶決議を国連総会で正式採択 24年連続も賛成票減らす 核兵器禁止条約での対応が影響か

ニュース 国際

記事詳細

更新


日本主導の核廃絶決議を国連総会で正式採択 24年連続も賛成票減らす 核兵器禁止条約での対応が影響か

日本の核兵器廃絶決議案を採択した国連総会の議場=4日、ニューヨーク(国連提供・共同) 日本の核兵器廃絶決議案を採択した国連総会の議場=4日、ニューヨーク(国連提供・共同)

 【トロント=上塚真由】国連総会本会議は4日、日本が主導した核兵器廃絶決議案を賛成156票、反対4票、棄権24票の賛成多数で正式に採択した。同種の決議採択は24年連続。決議で日本が参加を見送った核兵器禁止条約に直接言及しなかったことなどが影響し、賛成は昨年から11カ国減り、棄権が8カ国増えた。10月に総会第1委員会(軍縮)が採択していた。

 反対は昨年と同じで、中国、ロシア、北朝鮮、シリア。核兵器禁止条約の推進国のオーストリア、コスタリカ、ナイジェリア、ニュージーランドなどが棄権に回った。

「ニュース」のランキング