産経ニュース

イエメン・サレハ前大統領を殺害 フーシ派が襲撃 共闘解消直後

ニュース 国際

記事詳細

更新


イエメン・サレハ前大統領を殺害 フーシ派が襲撃 共闘解消直後

支持者のデモを見るアリ=アブドラ・サレハ大統領=2011年4月、サヌア(ロイター) 支持者のデモを見るアリ=アブドラ・サレハ大統領=2011年4月、サヌア(ロイター)

 【カイロ=佐藤貴生】内戦下にあるイエメンのイスラム教シーア派系武装組織「フーシ派」の系列メディアは4日、サレハ前大統領が死亡したと伝えた。ロイター通信によると、サレハ氏が率いる政党、国民全体会議も死亡を確認した。首都サヌア近郊でサレハ氏が乗った車を同派の戦闘員が襲撃し、射殺したという。

 イエメン内戦はイランとサウジアラビアの代理戦争の様相を呈しており、情勢は一段と混乱しそうだ。

 サレハ氏は2012年、中東・北アフリカの長期政権が相次いで倒れた「アラブの春」の中で退陣したものの、イランを後ろ盾とするフーシ派が勢力を伸ばした約3年前から同派と共闘し、ハディ暫定大統領側と対立してきた。

 しかし、最近はフーシ派との対立が表面化し戦闘が発生。サレハ氏は3日、同派との関係解消を表明し、ハディ政権を支援するサウジが歓迎する意向を示したばかりだった。住民がロイターに語ったところでは、サヌアのサレハ氏宅も4日朝、同派に爆破された。

 内戦は泥沼化しており、英BBCテレビ(電子版)によると、サウジが軍事介入した15年以降、8600人以上が死亡している。

このニュースの写真

  • イエメン・サレハ前大統領を殺害 フーシ派が襲撃 共闘解消直後
  • イエメン・サレハ前大統領を殺害 フーシ派が襲撃 共闘解消直後
  • イエメン・サレハ前大統領を殺害 フーシ派が襲撃 共闘解消直後
  • イエメン・サレハ前大統領を殺害 フーシ派が襲撃 共闘解消直後
  • イエメン・サレハ前大統領を殺害 フーシ派が襲撃 共闘解消直後

「ニュース」のランキング