産経ニュース

【北ミサイル】新型ICBM「ワシントンまで到達可能」 韓国国防省が分析 再突入や誘導技術は要検証

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北ミサイル】
新型ICBM「ワシントンまで到達可能」 韓国国防省が分析 再突入や誘導技術は要検証

北朝鮮の労働新聞が11月29日付で掲載した、新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」の発射実験の写真(コリアメディア提供) 北朝鮮の労働新聞が11月29日付で掲載した、新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」の発射実験の写真(コリアメディア提供)

 【ソウル=名村隆寛】北朝鮮が先月末に発射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」について、韓国国防省は1日、「新型ICBM級と判断する。通常角度で発射の場合、1万3千キロ以上飛行し、米ワシントンまで到達が可能」とした分析結果を国会に報告した。

 報告によれば、火星15の長さは約21メートル。7月に発射された「火星14」に比べ、移動式発射台とともに約2メートル長くなり、ミサイルの1段目と2段目が1メートルずつ延長され、直径も2メートル以上で40~80センチ長くなっている。

 1段目のエンジンは、火星14のものを2つ結合した「クラスター型」と判断されている。2段目の体積は火星14の約3~4倍に増えたが、エンジンについては分析が必要だという。

 ただ、弾頭の大気圏への再突入や精密誘導の技術、弾頭の作動は、「さらに検証が必要」としている。

このニュースの写真

  • 新型ICBM「ワシントンまで到達可能」 韓国国防省が分析 再突入や誘導技術は要検証
  • 新型ICBM「ワシントンまで到達可能」 韓国国防省が分析 再突入や誘導技術は要検証

関連トピックス

「ニュース」のランキング