産経ニュース

【北朝鮮情勢】中国、北関連企業締め付け強化 効果は? 国内経済への影響も大 中国企業5233社が北と取引

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北朝鮮情勢】
中国、北関連企業締め付け強化 効果は? 国内経済への影響も大 中国企業5233社が北と取引

中国の習近平国家主席(AP) 中国の習近平国家主席(AP)

 【北京=藤本欣也】中国の習近平政権は対北朝鮮制裁で石油の輸出を停止することに依然として慎重だ。代替策として北朝鮮と関係のある中国企業への締め付けを強化しているが、すでに取引を停止している企業がほとんどで効果は疑問視される。逆に地域経済への悪影響が懸念されている。

 トランプ米大統領は11月29日の習国家主席との電話会談で、中国は全ての制裁措置を講じる必要があると述べ、北朝鮮が9割を依存する石油の供給停止を要請。しかし習氏は受け入れなかったもようだ。

 中国が原油・石油製品の禁輸に踏み切れないのは、北朝鮮に対する中国最大のカードを使ってしまうと、北朝鮮へ圧力をかける手立てを失う-などのためだ。

 中国はその代わりに、既存の国連制裁を厳格に履行するとともに、北朝鮮と関係のある企業・個人の摘発を進め、制裁への貢献をアピールするとみられる。

 韓国メディアによると、中国当局は最近、米国の独自制裁の対象に指定された「大連国際海運」の代表を逮捕。北朝鮮と取引のあった中国企業の大半を調査し、不法行為が判明すれば処罰しているという。

続きを読む

「ニュース」のランキング