産経ニュース

【北ミサイル】北の「火星15」、韓国軍は「新型と評価」 専門家は「実用化になお1年」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北ミサイル】
北の「火星15」、韓国軍は「新型と評価」 専門家は「実用化になお1年」

大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」型の試射=11月29日(朝鮮中央通信=朝鮮通信) 大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」型の試射=11月29日(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

 【ソウル=名村隆寛、ワシントン=黒瀬悦成】北朝鮮メディアは30日、平壌郊外で11月29日に発射された新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」の発射当時の様子を撮影した映像や写真を公開した。

 朝鮮中央テレビの映像では、ミサイルの1段目と2段目が分離する様子などが撮影されている。移動式発射台でミサイルを直立させ、地上に設置し発射された。朝鮮労働党機関紙、労働新聞には「火星15」の発射に関する記事や写真計48枚が掲載された。

 2015年10月の党創建70周年の軍事パレードで公開されたミサイル「KN14」に似ているが先端と胴体に違いがある。1段目には2つの噴射口が取り付けられており、エンジン2つを束ねることで推進力を増強したとみられる。発射台は当時より片側が1輪増え9輪になっている。

 韓国軍合同参謀本部は30日、国防省の定例会見で「新型と評価している」と説明。最高高度や、弾頭の形、連結部分、大きさなどで7月に発射されたICBM「火星14」とは明らかな差があるという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 北の「火星15」、韓国軍は「新型と評価」 専門家は「実用化になお1年」

関連トピックス

関連ニュース

「ニュース」のランキング