産経ニュース

【北ミサイル】希望・玉木雄一郎代表「脅威がいっそう深刻化した」 北への非難決議求める

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北ミサイル】
希望・玉木雄一郎代表「脅威がいっそう深刻化した」 北への非難決議求める

希望の党の玉木雄一郎代表(斎藤良雄撮影) 希望の党の玉木雄一郎代表(斎藤良雄撮影)

 希望の党の玉木雄一郎代表は29日午前、北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、与野党幹事長・国対委員長会談の開催を呼びかける考えを示した。北朝鮮に対する衆院本会議での非難決議の採択に加え、北朝鮮問題についての集中審議実施の検討を求める。国会内で記者団に語った。

 玉木氏は今回の北朝鮮のミサイル発射について、「大陸間弾道ミサイル(ICBM)級といわれ、米国東海岸まで届く可能性がある。脅威がいっそう深刻化した」との認識を示し、「わが国のミサイル防衛が万全か検証してもらいたい」と政府に注文した。

 一連の政府の対応については「深夜3時台の発射だったが、速やかな対応をされている」と評価した。

関連トピックス

「ニュース」のランキング