産経ニュース

【北ミサイル】緊張激化防止へ自制要求 中国、新華社が発射速報

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北ミサイル】
緊張激化防止へ自制要求 中国、新華社が発射速報

11月29日、北朝鮮の朝鮮中央テレビが放映した金正恩朝鮮労働党委員長。新型のICBM「火星15」の発射実験に成功したとする政府声明を発表した(共同) 11月29日、北朝鮮の朝鮮中央テレビが放映した金正恩朝鮮労働党委員長。新型のICBM「火星15」の発射実験に成功したとする政府声明を発表した(共同)

 中国国営通信の新華社は29日、韓国軍の発表などを引用して北朝鮮の弾道ミサイル発射を速報した。中国外務省が「朝鮮半島の緊張緩和と対話を通じた解決」を求めていたと強調して報道した。習近平指導部が今後、関係各国に対して緊張をさらに高めないよう自制を求めていくことは確実だ。

 新華社は、今回の発射が米国によるテロ支援国家再指定から約1週間後に実施されたと指摘した上で「専門家は再指定が米朝間の緊張を高め、問題解決のためにならないと見ていた」と主張し、トランプ政権の対応への不満をにじませた。

 北朝鮮は習近平国家主席の特使として訪朝した宋濤・共産党中央対外連絡部長と金正恩朝鮮労働党委員長との会談を拒否するなど、中朝関係は冷え込んだ状態が続いており、習指導部はさらなる挑発を抑止するための対応に苦慮しそうだ。(共同)

このニュースの写真

  • 緊張激化防止へ自制要求 中国、新華社が発射速報

関連トピックス

「ニュース」のランキング