産経ニュース

「拉致被害者忘れず」命の授業 蓮池薫さん、東京・立川市立中で講演 「若い世代への継承必要」

ニュース 国際

記事詳細

更新


「拉致被害者忘れず」命の授業 蓮池薫さん、東京・立川市立中で講演 「若い世代への継承必要」

講演会を終え、特別授業を行う蓮池薫さん=28日午後、東京都立川市(川口良介撮影) 講演会を終え、特別授業を行う蓮池薫さん=28日午後、東京都立川市(川口良介撮影)

 北朝鮮による拉致問題を若い世代に伝えようと、平成14年に帰国した拉致被害者の蓮池薫さん(60)=新潟県柏崎市=が28日、東京都立川市の市立立川第七中(大神田佳明校長)で講演し「拉致被害者を忘れず、少しでも解決に寄与していただきたい」と訴えた。

 約480人の生徒を前に蓮池さんは「拉致で人生そのものを奪われ、夢を描く自由や、家族・友達との絆を断ち切られた」と厳しい口調で語った。

 また、北朝鮮が「死亡」とした被害者の物的証拠を示さず、嘘の説明を重ねたことも指摘。「被害者は生きて救出を待っている。夢と希望を取り戻すため、被害者、家族には時間がない」と早期救出を訴えた。

 蓮池さんは1年生との交流会にも参加した。同校の猪股千愛さん(13)は「拉致の重大さにもっと関心を持ち、考え、話し合っていきたい」と話した。

 拉致問題の解決を最優先課題に掲げる日本政府は、若い世代への啓発も重要な取り組みに掲げる。中高生に対しても、拉致問題対策本部や文部科学省などが連携し、「人権問題」としての教育を目指している。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「拉致被害者忘れず」命の授業 蓮池薫さん、東京・立川市立中で講演 「若い世代への継承必要」
  • 「拉致被害者忘れず」命の授業 蓮池薫さん、東京・立川市立中で講演 「若い世代への継承必要」
  • 「拉致被害者忘れず」命の授業 蓮池薫さん、東京・立川市立中で講演 「若い世代への継承必要」

「ニュース」のランキング