産経ニュース

【慰安婦問題いまだ終わらず】米アトランタの桜祭りと慰安婦像 日韓合意「最終的かつ不可逆的な解決」どこへ

ニュース 国際

記事詳細

更新

【慰安婦問題いまだ終わらず】
米アトランタの桜祭りと慰安婦像 日韓合意「最終的かつ不可逆的な解決」どこへ

米南部ジョージア州ブルックヘブン市の公園に設置された慰安婦像 米南部ジョージア州ブルックヘブン市の公園に設置された慰安婦像

 慰安婦問題が「最終的かつ不可逆的な解決」を確認したはずの日韓合意から、もう2年がたとうとしている。日本政府は、われわれの血税から10億円を韓国に渡して約束を履行した。(夕刊フジ)

 一方、ソウルの日本大使館前の慰安婦像はいまだ撤去されず、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「韓国国民の中で合意を受け入れられない感情がある」とうそぶいている。

 国家間の合意より、国民感情を優先するような言い訳は、国際社会で信用を無くすことに気づかないのか。韓国内には慰安婦像が70体以上設置されている。慰安婦に憑りつかれたようだ。

 日本人にとって深刻なのは、米国の公有地に設置される慰安婦像だ。今年6月、ジョージア州アトランタ近郊にあるブルックヘブン市の公園に慰安婦像が突然立った。韓国系団体の働きかけだ。

 団体は数年前から、アトランタ周辺のあちこちの市に像の設置を持ち掛け、ことごとく断られてきた。今年3月、アトランタの人権博物館に設置が一旦決まったが、結局中止となった。ブルックヘブン市には韓国系市議がいるため実現した。

 この市は「性的人身売買と戦うリーダーシップの市」だそうだ。アトランタ圏は2014年、FBIに「全米でも最も犯罪の多い地域」と指定されたこともあり、同市は市内の風俗産業を禁止している。

 ところが、人気のストリップクラブだけは、警備費と称して年間2500万円相当を払わせて営業を許可している。まるで、みかじめ料だ。

続きを読む

「ニュース」のランキング