産経ニュース

【北朝鮮船漂着】北困窮、危険な漁強いる 制裁で食糧難、漁民ら犠牲

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北朝鮮船漂着】
北困窮、危険な漁強いる 制裁で食糧難、漁民ら犠牲

男鹿市の宮沢海水浴場に係留されている木造船の甲板には、ペットボトルやロープ、ライフジャケットなどが散乱していた=27日、秋田県男鹿市(藤沢志穂子撮影) 男鹿市の宮沢海水浴場に係留されている木造船の甲板には、ペットボトルやロープ、ライフジャケットなどが散乱していた=27日、秋田県男鹿市(藤沢志穂子撮影)

 【ソウル=名村隆寛】冬場の悪天候にもかかわらず集中的な漁を強いる当局の方針により、北朝鮮漁船の遭難事故が続いている。一方、板門店で銃撃を受けた韓国に亡命した北朝鮮兵士の手術では、内臓からわずかなトウモロコシ片が見つかるなど北朝鮮の栄養状態の劣悪さが証明された。「冬季漁獲戦闘」と称した食糧確保の背景には、慢性的な食糧不足に加え、国連など国際社会の対北制裁による北朝鮮経済の一層の逼迫(ひっぱく)がありそうだ。

 国策として北朝鮮は、10月の時点で冬の積極的な漁を奨励。朝鮮労働党機関紙、労働新聞(7日付)は社説で、冬場の漁業期の始まりに合わせ、「社会主義の海の香りが全国にあふれるようにすべきだ」と漁業での成果を挙げるよう呼びかけていた。

 民主朝鮮(10月14日付)は、内閣拡大総会(日時不明)で「水産省をはじめ当該の各省・中央機関と各道人民委員会が漁船の稼働率を高め先進技術を積極的に導入し『冬季漁獲戦闘』の準備をぬかりなく整える」ことが重要議題として討議されたことを報じていた。

 外貨獲得も狙い北朝鮮は水産業に力を注いでいたが、核・ミサイルの開発に対する国連の経済制裁により、海産物も今や制裁対象に含まれている。中国への海産物輸出は8月以降、全面禁輸となった。中国の税関の発表によると、10月の対中国輸出額は9000万ドル(約98億円)で前年同月比で62%減少している。

続きを読む

このニュースの写真

  • 北困窮、危険な漁強いる 制裁で食糧難、漁民ら犠牲
  • 北困窮、危険な漁強いる 制裁で食糧難、漁民ら犠牲
  • 北困窮、危険な漁強いる 制裁で食糧難、漁民ら犠牲

関連ニュース

「ニュース」のランキング