産経ニュース

アイルランド連立政権に崩壊危機 第2党が不信任案提出へ、EU離脱交渉に影響も

ニュース 国際

記事詳細

更新


アイルランド連立政権に崩壊危機 第2党が不信任案提出へ、EU離脱交渉に影響も

アイルランドのフィッツジェラルド副首相(ロイター) アイルランドのフィッツジェラルド副首相(ロイター)

 【ロンドン=岡部伸】アイルランドの公共放送RTEなどによると、少数与党の統一アイルランド党に閣外協力する第2党の共和党がフィッツジェラルド副首相に対する不信任案を提出する意向を23日表明、政権崩壊の危機となった。閣外協力が崩壊すれば、12月にも総選挙となる公算が大きく、英北アイルランドとの国境問題が英国の欧州連合(EU)離脱交渉で焦点の一つとなっているだけに離脱交渉の通商協議入りを判断する12月14、15日のEU首脳会議にも影響が出てきそうだ。

 アイルランドではフィッツジェラルド氏が司法相時代に警察の内部告発者をめぐる対応が不適切だったとの疑惑が表面化。共和党は、フィッツジェラルド氏に対する不信任案を28日に提出する方針を表明。24日、臨時会合を開き、正式協議する。共和党が不信任案を提出すれば、統一アイルランド党との閣外協力合意は解消となり、連立政権が崩壊、12月か1月に前倒し総選挙となる見通しだ。

 EU離脱交渉では、北アイルランドとの国境管理をめぐる懸念が解消されたかどうかを協議する見通しで、アイルランドは事実上の拒否権を持っている。

「ニュース」のランキング