産経ニュース

【歴史戦】サンフランシスコ市、慰安婦像の寄贈受け入れ 市長が文書に署名

ニュース 国際

記事詳細

更新

【歴史戦】
サンフランシスコ市、慰安婦像の寄贈受け入れ 市長が文書に署名

セントメリーズ公園に設置された慰安婦像。3人の女性が背中合わせに立ち、傍で慰安婦と見られる女性が見つめる構図となっている=22日、米サンフランシスコ(住井亨介撮影) セントメリーズ公園に設置された慰安婦像。3人の女性が背中合わせに立ち、傍で慰安婦と見られる女性が見つめる構図となっている=22日、米サンフランシスコ(住井亨介撮影)

 【サンフランシスコ=住井亨介】大阪市の姉妹都市、米カリフォルニア州サンフランシスコ市内に設置されている慰安婦像と碑文の寄贈受け入れをめぐる市議会決議案について、エドウィン・M・リー市長は22日、受け入れを認める文書に署名した。すでに設置スペースは寄贈されて市有地となっており、市長の署名により像と碑文は完全に公共物化された。

 大阪市の吉村洋文市長は、像と碑文が公共物化された場合は姉妹都市関係の解消に踏み切る意向を示しており、判断が注目される。

 サンフランシスコ市が受け入れたのは、像と碑文のほか最低20年間のメンテナンス費用として約20万8千ドル(約2300万円)。像設置を主導した中国系米国人らの団体から寄贈された。

 像は韓国・ソウルの日本大使館前などに設置されている、いわゆる「少女像」とは異なり、背中合わせに立った女性3人が手をつないでいるデザイン。中国、韓国、フィリピンの慰安婦をイメージして製作されたとされる。

続きを読む

このニュースの写真

  • サンフランシスコ市、慰安婦像の寄贈受け入れ 市長が文書に署名
  • サンフランシスコ市、慰安婦像の寄贈受け入れ 市長が文書に署名
  • サンフランシスコ市、慰安婦像の寄贈受け入れ 市長が文書に署名
  • サンフランシスコ市、慰安婦像の寄贈受け入れ 市長が文書に署名
  • サンフランシスコ市、慰安婦像の寄贈受け入れ 市長が文書に署名
  • サンフランシスコ市、慰安婦像の寄贈受け入れ 市長が文書に署名
  • サンフランシスコ市、慰安婦像の寄贈受け入れ 市長が文書に署名
  • サンフランシスコ市、慰安婦像の寄贈受け入れ 市長が文書に署名
  • サンフランシスコ市、慰安婦像の寄贈受け入れ 市長が文書に署名

関連ニュース

「ニュース」のランキング