産経ニュース

【北朝鮮情勢】北朝鮮の反発必至 テロ支援国家指定 軍事的緊張の高まりも

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北朝鮮情勢】
北朝鮮の反発必至 テロ支援国家指定 軍事的緊張の高まりも

閣議で北朝鮮をテロ支援国家に再指定することを表明したトランプ米大統領。左はティラーソン国務長官=20日、ワシントン(UPI=共同) 閣議で北朝鮮をテロ支援国家に再指定することを表明したトランプ米大統領。左はティラーソン国務長官=20日、ワシントン(UPI=共同)

 【ソウル=名村隆寛】トランプ米政権による北朝鮮の「テロ支援国家」への再指定に北朝鮮は21日朝の時点で反応を示していないが、猛反発するのは必至だ。韓国メディアはこの日、「軍事的挑発を控え米国との対話の可能性を探り始めていたが、反発することも予想される」(聯合ニュース)と伝えたほか、韓国では緊張高潮を懸念する声も多い。

 北朝鮮は約2カ月の間、核・ミサイルによる挑発をしていない。トランプ米大統領による金正恩労働党委員長への名指しの強い非難に反応したものとみられる。しかし、金委員長もトランプ氏を罵倒するなどしている。

 武力挑発は表向きはないものの、北朝鮮が核・ミサイルの開発を続けていることは間違いない。テロ支援国家再指定に対抗し、今後米国を挑発する動きに出てくる可能性は極めて高い。

関連トピックス

関連ニュース

「ニュース」のランキング