産経ニュース

【北朝鮮情勢】なぜ伝えられない習近平氏中国特使と金正恩氏の会談…焦らして譲歩引き出す?

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北朝鮮情勢】
なぜ伝えられない習近平氏中国特使と金正恩氏の会談…焦らして譲歩引き出す?

北朝鮮訪問を終え、平壌国際空港で手を振る中国共産党の宋濤中央対外連絡部長=20日(共同) 北朝鮮訪問を終え、平壌国際空港で手を振る中国共産党の宋濤中央対外連絡部長=20日(共同)

 【北京=藤本欣也、ソウル=桜井紀雄】中国共産党の習近平総書記(国家主席)の特使として17日から北朝鮮を訪問していた宋濤・党中央対外連絡部長が20日、北朝鮮の朝鮮労働党要人らとの会談を終えて中国に帰国した。

 中国国営新華社通信は同日、双方は「中朝の両党・両国関係や朝鮮半島問題など共通の関心事について意見交換した」とした上で、「両党間の交流や意思疎通を強化し、中朝関係を発展させる」ことを確認したと伝えた。

 北朝鮮の最高実力者、金正恩・労働党委員長が宋氏と会談したかどうかは明らかになっていない。

 北朝鮮側が簡単に会談に応じないことで、国連制裁に同調する習政権への不満を示し、譲歩を引き出そうとしているとの見方が出ていた。

 北朝鮮の朝鮮中央通信は20日、宋氏ら中国側一行が19日、金日成主席と金正日総書記の遺体を安置した平壌の錦繍山(クムスサン)太陽宮殿を参拝したと報じた。朝鮮戦争で戦死した中国兵をたたえる友誼塔にも献花したという。双方が「血で固めた友誼」を強調する狙いがあるようだ。

 今回の宋氏訪朝の焦点の一つは金委員長との会談が実現するかだった。

続きを読む

このニュースの写真

  • なぜ伝えられない習近平氏中国特使と金正恩氏の会談…焦らして譲歩引き出す?

関連ニュース

「ニュース」のランキング