産経ニュース

【北朝鮮拉致】横田めぐみさん拉致から40年 「温かく輝いていた」…再会待ちわびる中学の親友

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北朝鮮拉致】
横田めぐみさん拉致から40年 「温かく輝いていた」…再会待ちわびる中学の親友

横田めぐみさんの中学生時代の写真を手に、思い出を語る真保恵美子さん=6日、千葉市 横田めぐみさんの中学生時代の写真を手に、思い出を語る真保恵美子さん=6日、千葉市

 横田めぐみさん(53)=拉致当時(13)=が北朝鮮に新潟市内から連れ去られ、15日で40年になる。通っていた同市立寄居中の同級生で、親友の真保恵美子さん(52)=千葉市=は再会を待ち続けている。めぐみさんについて「お日さまのような存在。温かくて輝いていた」と語る。持ち歩く写真のめぐみさんは中学1年生。桜を背に制服姿でほほ笑んでいる。

 「ねえねえ、真保さんは合唱部でしょ。私も入ろうと思うの」。昭和51年、新潟市立新潟小の2学期初日。6年の真保さんのクラスに転校してきたばかりのめぐみさんに声を掛けられた。「積極的でびっくりした」。すぐ打ち解け、「よこ」(めぐみさん)、「ぼんぼさん」(真保さん)と呼び合い、互いの家で漫画を描いたり、サイクリングしたりするように。

 52年4月、寄居中に進学し、共にバドミントン部に入った。夏祭りにも行き、誕生会も開いた。一緒にいるのが当たり前。そんな日常が一変した。

続きを読む

「ニュース」のランキング