産経ニュース

【拉致40年 めぐみさんを救え(1)】老いる父…誕生日に「あの日」を重ね  

ニュース 国際

記事詳細

更新

【拉致40年 めぐみさんを救え(1)】
老いる父…誕生日に「あの日」を重ね  

横田めぐみさん拉致事件から40年を前に取材に応じる父、滋さんと母、早紀江さん=川崎市(中村将撮影) 横田めぐみさん拉致事件から40年を前に取材に応じる父、滋さんと母、早紀江さん=川崎市(中村将撮影)

 実際、高齢の両親に代わって、双子の弟が国内外の各地で訴える場面は増えている。拓也さんは話す。「北朝鮮による拉致を国際社会に訴える必要性はますます高まり、親に代わって子供の世代が各地に赴く必要がある」。檀上に立つたび、両親を思い「残された時間は少ない」と訴える。

 めぐみさんを取り戻したら何と声をかけるか。「『助けるまでこんなに時間がかかって、本当にごめんね』と謝りたい。そして、ひたすら涙にくれると思う」。哲也さんはそう語る。(中村昌史、中村将)

   

 横田めぐみさんが北朝鮮に拉致されて15日で40年。膠着状態に陥った現状を考える。

「ニュース」のランキング