産経ニュース

トランプ氏、アジア外遊で南シナ海にほとんど言及せず…攻防は水面下へ、見えぬ米の戦略

ニュース 国際

記事詳細

更新


トランプ氏、アジア外遊で南シナ海にほとんど言及せず…攻防は水面下へ、見えぬ米の戦略

14日、マニラで、大統領専用機に乗り込む際に手を振るトランプ米大統領(AP) 14日、マニラで、大統領専用機に乗り込む際に手を振るトランプ米大統領(AP)

 経済面で地域への支配力を強めた中国は、安全保障分野での存在感も見せ始めている。ASEANの一部加盟国とは先月末、広東省沖の南シナ海で、過去最大規模の合同救難訓練を実施した。来年には、ASEAN各国の海軍と、初となる合同演習を予定する。

 一方で、中国は、フィリピンが実効支配するパグアサ(英語名・ティトゥ)島近くの砂州で漁師用避難所建設について抗議し今月、中止に追い込んだ。

 南シナ海問題をめぐる米中の舌戦もなく、表面的には和やかだった今回のASEAN関連首脳会議。だが、人工島の軍事拠点の“射程”に収められた周辺国の不安は増幅した。

「ニュース」のランキング