産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


文在寅大統領、李克強首相と会談 中韓の食い違いも露呈

 韓国側が会談の成果として発表した文氏の12月の訪中についても、中国側は、発表で触れず、康(カン)京和(ギョンファ)外相の今月の訪中だけを取り上げた。

 中国外務省は、文氏が中国の現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」を支持し、積極的参加を表明したとしている。一方、文政権は、トランプ米大統領が「一帯一路」に対抗し、文氏との会談で参加を呼びかけた「自由で開かれたインド太平洋戦略」に大統領府の高官が「不同意」を示すなど消極的な姿勢を見せている。

 日本海で実施中の米原子力空母3隻との訓練についても、韓国側が日本の海上自衛隊との共同訓練を拒否したと伝えられた。中国との関係改善の前提として、文政権が表明した「日米韓は軍事同盟に発展しない」といった“約束”に引きずられ、日米より中国に傾斜する結果を招いている。

 韓国の保守系紙メディアからは「外交政策に自ら足かせをするアマチュア的行動だ」との批判も上がっている。

「ニュース」のランキング