産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


トランプ氏「南シナ海問題で仲裁の用意」 現実は困難か

12日、会談を終え、共同記者会見に臨んだトランプ米大統領(左)とベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席=ハノイ(共同) 12日、会談を終え、共同記者会見に臨んだトランプ米大統領(左)とベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席=ハノイ(共同)

 【マニラ=黒瀬悦成】トランプ米大統領は12日、ハノイでベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席と会談した。トランプ氏は会談の冒頭、南シナ海の領有権問題に関し、「もし私が仲介や仲裁で手助けできるのなら知らせてほしい」と述べ、中国とベトナムの仲立ち役を務めることに前向きの意向を示した。

 ベトナムと中国はスプラトリー(中国名・南沙)、パラセル(西沙)両諸島の領有権を争っている。歴代米政権は、領有権紛争に関与しない原則を掲げる一方、中国が実効支配する人工島の軍事拠点化には反対し、周辺海域に米軍艦船を通過させる「航行の自由」作戦を実施してきた。

続きを読む

「ニュース」のランキング