産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


台湾でLGBTパレード 同性婚合法解釈後初めて

28日、台北市内で行われたLGBT(性的少数者)パレードで、LGBTの象徴の虹色の旗を持って行進する参加者(田中靖人撮影) 28日、台北市内で行われたLGBT(性的少数者)パレードで、LGBTの象徴の虹色の旗を持って行進する参加者(田中靖人撮影)

 【台北=田中靖人】台北市内で28日、アジア最大級の性的少数者(LGBT)とその支持者らによるパレードが行われ、主催者によると、20カ国から約11万人が参加した。

 パレードは今年で15回目で、5月に同性婚を2年以内に合法化するよう命じる憲法解釈が出て以降は初。参加者は「直ちに婚姻の権利を認めよ」などと叫びながら市内を行進した。参加した郭怡萱さん(20)は「政府は民法改正か特別法制定かも決めておらず不満だ」と話した。

 台湾社会には同性婚に反対の意見も根強く、蔡英文総統は28日、フェイスブックに「憲法解釈の精神と社会の団結を維持する双方の努力を続ける」と記した。

このニュースの写真

  • 台湾でLGBTパレード 同性婚合法解釈後初めて

「ニュース」のランキング