産経ニュース

【英EU離脱】EU、将来関係協議の準備で合意 12月の開始決定には「英側の説明が必要」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【英EU離脱】
EU、将来関係協議の準備で合意 12月の開始決定には「英側の説明が必要」

20日、ブリュッセルでのEU首脳会議に出席したドイツのメルケル首相(左)とトゥスクEU大統領(ゲッティ=共同) 20日、ブリュッセルでのEU首脳会議に出席したドイツのメルケル首相(左)とトゥスクEU大統領(ゲッティ=共同)

 今後の焦点の一つは未払い分担金問題。メイ氏は将来関係が不透明では具体化は難しいとの立場を改めて強調。ロイター通信によると、新たな提案も行わなかったが、独仏など首脳らからは英側の具体的な考えが必要との声が相次いだ。

 トゥスク氏は分担金問題で「『行き詰まり』との報道は誇張」とし、打開は可能との認識を示したが、この点でどう折り合いをつけるかが大きな課題となる。

 首脳らは20日、今後のEU改革も協議。トゥスク氏は2019年半ばまでの首脳レベルの会合日程と難民・移民対策やユーロ圏統合深化など優先議題を示す作業計画を提案し、各首脳が支持した。EUとしてはマクロン仏大統領誕生で再び高まった統合推進への機運を維持し、改革を加速させたい狙いだ。

「ニュース」のランキング