産経ニュース

【英EU離脱】EU、将来関係協議の準備で合意 12月の開始決定には「英側の説明が必要」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【英EU離脱】
EU、将来関係協議の準備で合意 12月の開始決定には「英側の説明が必要」

20日、ブリュッセルでのEU首脳会議に出席したドイツのメルケル首相(左)とトゥスクEU大統領(ゲッティ=共同) 20日、ブリュッセルでのEU首脳会議に出席したドイツのメルケル首相(左)とトゥスクEU大統領(ゲッティ=共同)

 【ベルリン=宮下日出男】欧州連合(EU)首脳会議は20日、英国を除く27加盟国の会合を開き、英国との離脱後の将来関係に関する協議入りを先送りする一方、EU内部でその準備に入ることで合意した。英国とEU双方は今後、前提となる離脱条件に関する協議の“決着”を急ぎ、12月の将来協議の開始決定を目指す。

 27カ国は同日、離脱条件の協議状況を確認。主要3論点のうち在英EU市民の権利保護の進展などを歓迎する一方、未払い分担金問題では英側の具体的な説明がまだされていないと指摘し、12月の首脳会議で進捗を再評価するとした。

 メイ氏は19日夜の夕食会で各首脳に英国側の立場を説明。20日の記者会見では交渉の行方について「前向きで楽観的」とし、EU側の協力も必要との認識を示した上、EU側の将来協議の準備開始を歓迎した。EUのトゥスク大統領は「12月に(将来協議という)第2段階に移れることを期待している」と述べた。

 交渉では何の合意もなく英国が離脱する事態への懸念も上がるが、ドイツのメルケル首相は「私から見ると、(交渉が)不成功に終わるとの兆候はない」と強調。ユンケル欧州委員長も「合意なしのシナリオは作業の前提でない」と述べ、懸念払拭を図った。

続きを読む

「ニュース」のランキング