産経ニュース

貿易ルールめぐり日中の攻防正念場 RCEP交渉会合が韓国で開幕

ニュース 国際

記事詳細

更新


貿易ルールめぐり日中の攻防正念場 RCEP交渉会合が韓国で開幕

 日本や中国、東南アジア諸国連合(ASEAN)各国など16カ国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の事務レベル交渉会合が17日、韓国の仁川で始まった。日本は質の高い貿易自由化を目指しているが、中国との対立は根深く、11月の首脳会合に向けた攻防は正念場を迎えた。

 「来年の早い段階で合意できるように、協定の根幹となる方向性を定めたい」

 経済産業省幹部は会合の位置づけをこう説明する。

 参加国は9月の閣僚会合で重点的な協議項目を特定。日本の主張通り、関税分野だけでなく電子商取引など貿易ルールの分野もバランスよく交渉することで合意した。ただし各国間の意見の隔たりは大きく、ASEAN各国が目指す設立50周年にあわせた年内合意は難しいとみられている。

 しかし現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」の実現でASEANの取り込みを狙う中国は、自由化の水準を落としてでも年内に合意を打ち出したい考え。協定に質の高いルールが入れば、中国は海賊版の氾濫など先進国が懸念するさまざまな課題で改善を迫られる見通しであることも、早期合意にこだわる背景にありそうだ。

 今回、日本が拙速な年内合意を回避できた場合でも質の高い貿易自由化のためには日本が中国を押さえ込み、ASEANを自陣に引き込む必要がある。政府は電子商取引のルール整備など、ASEANが自由化に踏み出しやすい貿易投資の支援策を提案している。

「ニュース」のランキング