産経ニュース

中国、3月に拘束の2邦人を正式逮捕 スパイ容疑か

ニュース 国際

記事詳細

更新


中国、3月に拘束の2邦人を正式逮捕 スパイ容疑か

 【北京=西見由章】中国の山東省と海南省で当局に拘束された日本人男性2人が9月、正式に逮捕されていたことが13日分かった。日本政府関係者が明らかにした。中国の測量法違反のほか、スパイ行為に関わったとして国家安全法や反スパイ法違反の疑いで調査を受けている可能性がある。

 両省では今年3月、地質調査を実施していた「日本地下探査」(千葉県船橋市)などの日本人社員計6人が当局に拘束された。4人は嫌疑が晴れたとして釈放され7月に帰国し、残り2人への調査が続いていた。

 中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報が同月報じたところでは、2人は日本地下探査と「大連和源温泉開発公司」(遼寧省大連市)の2社の各現場責任者。記事は2社が無許可で違法な測量を行っていたと非難し、2人のパソコンなどから80点近くの「機密にかかわる地図」が見つかったと主張している。

 一方、昨年7月に北京で中国当局に拘束され、今年6月に起訴された日中青年交流協会理事長、鈴木英司氏の初公判が8月、非公開で開かれていたことも分かった。罪名は不明だが、スパイ行為に関わった嫌疑がかけられているもようだ。

「ニュース」のランキング