産経ニュース

【北朝鮮拉致】トランプ大統領の圧力強化は是か非か…横田めぐみさんの弟が明かした悲痛な“本心”

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北朝鮮拉致】
トランプ大統領の圧力強化は是か非か…横田めぐみさんの弟が明かした悲痛な“本心”

13歳で拉致されてから40年が経過し53歳の誕生日を迎えた横田めぐみさん 13歳で拉致されてから40年が経過し53歳の誕生日を迎えた横田めぐみさん

 北朝鮮が核・ミサイル開発を加速し、朝鮮半島情勢が一段と緊迫する中で拉致被害者家族は焦燥感を募らせている。軍事力行使も示唆して圧力を強める米国の動きは膠着(こうちゃく)した拉致問題の局面を打開する可能性があるが、軍事衝突が現実となれば被害者の身に危険が及ぶ恐れもある。家族は救出への強い思いをつなぎながら日々、襲ってくる底なしの不安とも闘っている。(社会部 中村昌史)

心かき乱す情勢の連続に早紀江さんの心情は…

 「毎日のように不安が襲ってくる。『絶対に負けない』という思いの一方で、どうしても深刻な事態を考えてしまうんです」

 5日に53歳の誕生日を迎えた横田めぐみさん=拉致当時(13)=の母、早紀江さん(81)は険しい表情でこう語った。

 今年、北朝鮮は相次いで核実験や、日本上空を通過する弾道ミサイルの発射を強行。米国による「戦争準備」の加速も指摘されるなど、軍事衝突への懸念は高まり続けている。

 「衝突が起これば被害者に火の粉が降りかかるのは避けられない」

 「北朝鮮への強力な圧力が、被害者帰国を実現する具体的交渉につながる」

 さまざまな思いが交錯する中で、事態はめまぐるしく動いた。しかし、いまだ被害者救出への具体的な動きは見えてこない。「心身ともに本当にしんどかった」。早紀江さんは本音を漏らす。

続きを読む

このニュースの写真

  • トランプ大統領の圧力強化は是か非か…横田めぐみさんの弟が明かした悲痛な“本心”
  • トランプ大統領の圧力強化は是か非か…横田めぐみさんの弟が明かした悲痛な“本心”
  • トランプ大統領の圧力強化は是か非か…横田めぐみさんの弟が明かした悲痛な“本心”

「ニュース」のランキング