産経ニュース

【カタルーニャ住民投票】強硬派は猛反発、国際的には孤立 プチデモン州首相が独立宣言棚上げで板挟み

ニュース 国際

記事詳細

更新

【カタルーニャ住民投票】
強硬派は猛反発、国際的には孤立 プチデモン州首相が独立宣言棚上げで板挟み

10日、スペイン・バルセロナのカタルーニャ州議会冒頭で演説内容を確認するプチデモン州首相 (ロイター) 10日、スペイン・バルセロナのカタルーニャ州議会冒頭で演説内容を確認するプチデモン州首相 (ロイター)

 【パリ=三井美奈】スペイン東部カタルーニャ州のプチデモン州首相が10日の演説で独立宣言の棚上げを表明したことで、州議会の独立強硬派は不満をあらわにした。一方、欧州連合(EU)の近隣諸国は「独立は違憲」とするスペイン中央政府を支持している。プチデモン氏は国際的に孤立する中、州内で突き上げを受け、板挟みになっている。

 プチデモン氏の演説後、独立強硬派の左派「人民連合」(CUP)幹部議員は「厳粛な独立宣言を行う機会だったのに、それが失われた」と失望感を示した。州政府に対し、中央政府との交渉開始に「1カ月以内」という期限を設けるよう要求した。独立派の中には、州議会選挙を行うべきだとの声も出ている。

 プチデモン氏の州議会与党は複数の小政党が統合した政党連合。2015年の州議会選挙で過半数に満たず、CUPの協力を得て政権を発足させた。政党連合内には独立強行への反対論が残っており、同氏の「対話戦略」は、政権基盤である独立派陣営を分裂させる可能性がある。

続きを読む

「ニュース」のランキング