産経ニュース

米国とトルコの関係がさらに悪化 米総領事館職員の逮捕で

ニュース 国際

記事詳細

更新


米国とトルコの関係がさらに悪化 米総領事館職員の逮捕で

 【ダマスカス=佐藤貴生、ワシントン=加納宏幸】トルコの司法当局が在イスタンブール米総領事館の現地職員を逮捕し、米国とトルコがそれぞれ非移民ビザ(査証)の発給を停止する事態に発展し、冷え込んでいた両国の関係がさらに悪化している。米国務省のナウアート報道官は10日の記者会見で逮捕の真意が不明だとし、「非常に失望している」と非難した。

 米メディアによると、トルコ当局は先週、米総領事館に勤めるトルコ人職員を逮捕。トルコのエルドアン政権が昨夏のクーデター未遂の「黒幕」だと主張する米国在住のイスラム指導者、フェトフッラー・ギュレン師らの組織と関係があったとしている。

 これに対し、ナウアート氏は「トルコ政府の主張を裏付ける証拠はない」と否定し、ビザ発給の再開にはまずトルコ人職員に弁護士との接見を認めることが必要だと強調。クーデター未遂関連のトルコ人職員の逮捕は2人目で、トルコ当局はもう1人の引き渡しを要求しているという。

 トルコは北大西洋条約機構(NATO)の加盟国で中東地域をにらむ地政学上の重要な位置にある。だが、近年はギュレン師の身柄引き渡しを求めるトルコ側の要求に米側が応じず、関係が悪化していた。

続きを読む

「ニュース」のランキング