産経ニュース

ロシアのサッカーW杯会場建設で北朝鮮労働者を酷使 不透明な関与 「最悪の条件」で死者も

ニュース 国際

記事詳細

更新


ロシアのサッカーW杯会場建設で北朝鮮労働者を酷使 不透明な関与 「最悪の条件」で死者も

北朝鮮労働者が建設工事に駆り出されていたスタジアム「ゼニト・アリーナ」=2014年9月11日、ロシア西部サンクトペテルブルク(ゲッティ) 北朝鮮労働者が建設工事に駆り出されていたスタジアム「ゼニト・アリーナ」=2014年9月11日、ロシア西部サンクトペテルブルク(ゲッティ)

 【モスクワ=黒川信雄】2018年にロシアで開催されるサッカー・ワールドカップ(W杯)のスタジアム建設に昨年、約110人の北朝鮮労働者が不透明な形で関与し、死者も発生していた実態が明るみに出て波紋を呼んでいる。問題を詳報したノルウェー誌に協力したロシア人ジャーナリスト、アルチョム・フィラトフ氏(29)は、取材から北の労働者が「最悪の条件」で働いていた事実が浮かび上がったと述べた。

 問題が発覚したのはロシア西部サンクトペテルブルクにある「ゼニト・アリーナ」。2006年に建設が決まったが工事は遅れ続け、市政府高官が昨夏、アリーナと無関係の建設企業なども集め「資金協力するか、労働者を提供するか」(フィラトフ氏)を迫ったという。断れば公共工事を受注できなくなるとの懸念から各社は要請に応じ、一部が北朝鮮労働者の提供を申し出た。彼らは16年9~12月にかけ建設作業に参加した。

 中央アジアなどからも多数の労働者が集められたが、現場は混乱。落下や感電などの死亡事故が相次ぎ、11月には北朝鮮労働者も1人死亡した。死因は心臓発作とされるが、「1日12~14時間、休日なしで働いていた」(フィラトフ氏)といい、厳しい労働が起因した可能性がある。

続きを読む

このニュースの写真

  • ロシアのサッカーW杯会場建設で北朝鮮労働者を酷使 不透明な関与 「最悪の条件」で死者も

「ニュース」のランキング