産経ニュース

【カタルーニャ住民投票】距離を置く欧州各地の分離主義勢力 自治拡大のてこ入れに活用の思惑も

ニュース 国際

記事詳細

更新

【カタルーニャ住民投票】
距離を置く欧州各地の分離主義勢力 自治拡大のてこ入れに活用の思惑も

カタルーニャ自治州の独立問題で見解を表明するスペインのラホイ首相=11日、マドリード(ロイター) カタルーニャ自治州の独立問題で見解を表明するスペインのラホイ首相=11日、マドリード(ロイター)

 カタルーニャ自治州の独立要求について、英国スコットランド、ベルギーのフランドル地域、イタリアのロンバルディア州など欧州各地の分離主義勢力は距離を置いている。欧州連合(EU)離脱につながる独立に慎重姿勢を示す一方、同州の独立宣言の動きを自治拡大のてこ入れに使おうという意欲も見える。

 スコットランド行政府のスタージョン首相は8日の英BBC放送で、カタルーニャ州の住民投票の実施を支持する一方、「独立すべきか否かについて、私が発言すべきではない」として投票結果を受けた独立の是非には言及しなかった。

 スタージョン氏は6月の英総選挙でスコットランド独立をめぐる再投票を主張し、保守党に大きく議席を奪われた。英国のEU離脱が決まった後、同国からの独立に動くことに住民の懸念が強いためで、同氏はカタルーニャ独立派への同調を避けたとみられる。

 イタリアでは今月22日、ミラノがあるロンバルディア州、ベネチアがあるベネト州でそれぞれ、自治拡大をめぐる住民投票が行われる。ミラノを拠点とする右派地域政党「北部同盟」のサルビーニ書記長は「カタルーニャ州の住民投票とは違って、法律の枠内で行うものだ」と違いを強調。かつては地域独立を目指していたが、現在は自治拡大を重視する立場を示した。

 ベルギーのオランダ語圏フランドルの地域主義政党、新フラームス同盟も、カタルーニャ州の住民投票で警察が抵抗する有権者に暴力をふるったことを批判する一方、独立への支持表明は避けた。(パリ 三井美奈)

「ニュース」のランキング