産経ニュース

【カタルーニャ住民投票】独立強硬派からは不満も 州首相の独立宣言棚上げ

ニュース 国際

記事詳細

更新

【カタルーニャ住民投票】
独立強硬派からは不満も 州首相の独立宣言棚上げ

10日、スペインのカタルーニャ自治州議会で演説するプチデモン州首相(ゲッティ=共同) 10日、スペインのカタルーニャ自治州議会で演説するプチデモン州首相(ゲッティ=共同)

 【パリ=三井美奈】スペイン・カタルーニャ自治州のプチデモン州首相は10日、中央政府のラホイ首相に対話を呼びかけた。だが、ラホイ氏は「住民投票は違憲」として対話を一切拒否しており、同州の独立問題は長期化しそうだ。

 プチデモン氏の演説は、独立派の数千人が州議会を取り囲む中で行われた。赤黄の縞のカタルーニャ旗を振って独立宣言を促した。

 プチデモン氏は1時間近い演説で「中央政府による抑圧」を繰り返し批判。対話の訴えは何度も拒否され、1日の住民投票では警察が有権者に暴力をふるったことなどをあげ、「多くの人は社会の価値を守るには独立しかないと思うに至った」と訴えた。

 そのうえで、中央政府との対話に向け、欧州連合(EU)に改めて仲介を求めた。だが、EU欧州委員会は加盟国であるスペイン中央政府が対話を拒む以上、「内政問題」の立場を崩せず、調停は難しい。また介入すれば英スコットランド、ベルギーのフランドル地域など、EU内のほかの分離主義勢力を刺激しかねないという悩みもある。

続きを読む

「ニュース」のランキング