産経ニュース

ICANが核禁止条約非加盟の日本などを批判 ニューヨークで会見

ニュース 国際

記事詳細

更新


ICANが核禁止条約非加盟の日本などを批判 ニューヨークで会見

9日、米ニューヨークの国連本部で記者会見するICANのベアトリス・フィン事務局長ら(中央)=上塚真由撮影 9日、米ニューヨークの国連本部で記者会見するICANのベアトリス・フィン事務局長ら(中央)=上塚真由撮影

 【ニューヨーク=上塚真由】ノーベル平和賞受賞が決まった国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のメンバーが9日、ニューヨークの国連本部で記者会見を開き、核兵器を非合法化する「核兵器禁止条約」に参加しない米国や日本などの対応を批判し、改めて参加を呼びかけた。

 ICANのアジア太平洋地区を統括するティム・ライト氏は、日本政府が条約に署名・批准しない場合、「70年以上にわたって休むことなく核廃絶に取り組んできた被爆者への裏切りになる」と批判した。

 また、ベアトリス・フィン事務局長は、トランプ米政権が禁止条約に参加しない方針を改めて明らかにしたことに、「予想できていた」と指摘。ノーベル賞受賞について「トランプ氏に核を放棄させることにはならないが、核兵器は容認できないという国民の声を受けて、政府は動かざるを得なくなる。ノーベル賞はより大きな機運となる」と意義を語った。

「ニュース」のランキング