産経ニュース

【東芝メモリ売却決定】WD、売却停止の仮処分申請へ 東芝対抗で追加措置

ニュース 国際

記事詳細

更新

【東芝メモリ売却決定】
WD、売却停止の仮処分申請へ 東芝対抗で追加措置

東芝本社が入るビル=東京都港区 東芝本社が入るビル=東京都港区

 米ウエスタン・デジタル(WD)は26日、東芝による半導体子会社「東芝メモリ」(東京)の売却について、国際仲裁裁判所に差し止めの仮処分を申請すると発表した。仮処分が認められれば、東芝が進める米ファンドのベインキャピタルを中心とした「日米韓連合」への売却手続きが止まる可能性がある。

 WDは5月に国際仲裁裁判所に売却中止を申し立てているが、結論が出るのに2年以上かかる見通しであることから、その間の売却差し止めを求めて追加措置をとる。

 関係者によると、WDは数週間以内に申請する見通し。東芝は来年3月末までの売却完了を目指しているが、WDは早ければ来年初めにも仮処分の結論が出るとみている。

 東芝メモリの売却交渉では途中までWDがリードしていたが、日米韓連合に競り負けた。東芝は日米韓連合と近く契約を結ぶ予定で、WDとの訴訟を早期に和解したい考え。

 WDは「東芝に建設的な意思が見られないため、法的な解決に向けて努力する」とコメントし、裁判を継続する姿勢を示している。

「ニュース」のランキング