産経ニュース

【北朝鮮危機・私はこう見る】「中国の対北方針に変更なし」 李明氏(台湾・政治大国際事務学院前院長)

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北朝鮮危機・私はこう見る】
「中国の対北方針に変更なし」 李明氏(台湾・政治大国際事務学院前院長)

李明 台湾・政治大教授 李明 台湾・政治大教授

 従って、中国は「責任あるステークホルダー(利害共有者)」だと思われる程度には決議を実行するだろう。加えて、中国の対北朝鮮政策は国際政治上の考慮だけで行われるのではない。中朝は1200キロの国境を接しており、中国国内には220万人の朝鮮族がいる。人民の往来や小規模な物資の取引は民族政策の面で完全には禁止できない。国連が禁止していない品目の取引は現在も行われている。

 このため、中国は一連の弾道ミサイル発射や核実験でメンツをつぶされたと感じても、対北朝鮮政策の大枠を変えないだろう。来月の共産党大会で習近平国家主席(総書記)が行う政治報告でも、北朝鮮を批判せず関係各国に自制を求めるだけか、触れない可能性もある。(聞き手 田中靖人)

「ニュース」のランキング